山口特許事務所 Yamaguchi & Associatesトップページへ
日本語 ENGLISH
トップページへ サイトマップ よくあるご質問
事務所概要 特許・実用新案・意匠・商標 外国出願 判例解説 主要な論文 ライセンス売買 リンク

よくあるご質問


相談は無料ですか?
無料です。電話でも結構です。
会社の特許戦略等のご相談はご来社いただくことが望ましいです。
特許になるかどうかわからないのだが?
分からなくて当然です。
無料のご相談の結果、特許が困難な場合でも、“この部分を工夫されたら特許されるかもしれない”というアドバイスができますので、今後の開発の方向が明確になります。
特許の出願にはなにを準備すればよいか?
発明者からインタビューしますから特別な準備は不要です。
出願にはどのくらいの費用がかかる?
出願の後にも審査の進展に応じて費用がかかりますので、その内容は各頁でご覧下さい。

特許取得までにかかる概算費用 実用新案登録までにかかる概算費用
意匠登録までにかかる概算費用 商標登録までにかかる概算費用
世界特許を取りたいのですが。
世界中で一度に特許を取れる制度はありません。
PCTなどの制度は、一度に手続きができるだけです。
審査は各国で別々に行います。
出願すれば独占できますか?
出願しただけでは独占できません。
出願して、さらに審査の依頼をします。
審査の結果は、早ければ1年以内に結論がでます。「特許する」という結論が出てから独占権が発生します。
特許になるかどうか、調査ができますか?
簡単な調査なら、特許庁のホームページでご自分で無料でできます。しかし絶対に確実な調査は不可能です。
なぜなら世界中の特許公報、技術文献を数十年にさかのぼって調査する必要があるからです。
最近でも98年前のフランスの特許公報によって、せっかく取った特許が無効になった例がありました。
特許と実用新案の違いは?
特許は大発明、実用新案は小発明と言われています。
実用新案には審査がないとか?
その通り、無審査で登録になります。
エジソンの発明をこれから出願しても登録になる、ということです。ただしそんな不確定な権利を振り回されては困るので、権利行使にはいくつかの制度があります。
すでに製品化してしまったのだが、特許になるか?
自分で製品化して売り出した場合でも、6か月以内に出願をすれば特許になる場合もあります。
細かい手続きについてはご相談ください。
ページトップへ

プライバシーポリシー このサイトについて
ypat@ypat.gr.jp